FT Focus

「つくる楽しみ」を民主化する ──「するアート」としてのガリ版印刷発信基地

(文・萩原雄太 写真・黑田菜月) リソグラフを使い、参加者がZINEをつくるプログラム『とびだせ!ガリ版印刷発信基地(以...

[続きをみる]

「追憶」が浮き彫りにする新たな「現在」の生成──村川拓也『ムーンライト』

(文・北小路 隆志 写真・石川 純) これから上演される『ムーンライト』は2年ほど前に京都で初演されたものの再演であるこ...

[続きをみる]

現実空間を異化して、現実を抜け出す。――『Rendez-Vous Otsuka South & North』

(文・畠中 実) 演劇やダンス、あるいは音楽の演奏といった芸術表現は、実際にそれを演じるパフォーマーを観客が直接目にする...

[続きをみる]

できるとできない  村川拓也『ムーンライト』

(文・佐々木敦 写真・石川 純) 村川拓也の『ムーンライト』を、私は京都での初演(二〇一八年十二月)にはどうしても都合が...

[続きをみる]

ささやかで力強く生を肯定する宣言  モモンガ・コンプレックス『わたしたちは、そろっている。』

(文・岩渕貞太 写真・三浦麻旅子) 劇場内で6時間行われた観客回遊型の作品『わたしたちは、そろっている。』を観た。実際に...

[続きをみる]


 

「つくる楽しみ」を民主化する ──「するアート」としてのガリ版印刷発信基地

(文・萩原雄太 写真・黑田菜月) リソグラフを使い、参加者がZINEをつくるプログラム『とびだせ!ガリ版印刷発信基地(以...

[続きをみる]

「追憶」が浮き彫りにする新たな「現在」の生成──村川拓也『ムーンライト』

(文・北小路 隆志 写真・石川 純) これから上演される『ムーンライト』は2年ほど前に京都で初演されたものの再演であるこ...

[続きをみる]

現実空間を異化して、現実を抜け出す。――『Rendez-Vous Otsuka South & North』

(文・畠中 実) 演劇やダンス、あるいは音楽の演奏といった芸術表現は、実際にそれを演じるパフォーマーを観客が直接目にする...

[続きをみる]

できるとできない  村川拓也『ムーンライト』

(文・佐々木敦 写真・石川 純) 村川拓也の『ムーンライト』を、私は京都での初演(二〇一八年十二月)にはどうしても都合が...

[続きをみる]

ささやかで力強く生を肯定する宣言  モモンガ・コンプレックス『わたしたちは、そろっている。』

(文・岩渕貞太 写真・三浦麻旅子) 劇場内で6時間行われた観客回遊型の作品『わたしたちは、そろっている。』を観た。実際に...

[続きをみる]

作品と観客をつなぐ“契約”のために舞台美術ができること ――セノ派・佐々木文美インタビュー

(文・もてスリム/写真・泉山朗土) 舞台美術家コレクティブ「セノ派」による企画「移動祝祭商店街 まぼろし編」が、特設ウェ...

[続きをみる]

混乱の時代に“祈り”を届けるために──『神の末っ子アネモネ』演出家キム・ジョンインタビュー

(文・河野桃子) 昨年のフェスティバル/トーキョー19で初タッグを組んだ松井周とキム・ジョン。再び2人が取り組んだのは、...

[続きをみる]

「プロセス」を見せることで、豊かな情景が広がってゆく ――セノ派・中村友美インタビュー

(文・もてスリム/写真・泉山朗土) 舞台美術家コレクティブ「セノ派」による企画「移動祝祭商店街 まぼろし編」が、特設ウェ...

[続きをみる]

舞台美術家は、小さな「変異」を起こして街を変えていく ――セノ派・坂本遼インタビュー

(文・もてスリム/写真・泉山朗土) 昨年F/Tのオープニングプログラムを担当した舞台美術家コレクティブ「セノ派」が、今年...

[続きをみる]

よりシンプルにわかりやすくなっていい。 ──村川拓也インタビュー

(聞き手・構成:宮崎敦史/撮影:鈴木渉) フェスティバル/トーキョー(以下、F/T)には2012年以来、8年振りの参加と...

[続きをみる]