トランスフィールド from アジア

Sand (a)isles(サンド・アイル)

演出・設計:JK・アニコチェ×山川 陸

私が変われば都市が変わる
あたらしい過ごし方のための体験型パフォーマンス

マニラを拠点に活動するパフォーマンス・メイカーのJK・アニコチェと、若手建築家の山川陸が、マニラ、ビエンチャン、クアラルンプール、東京でのリサーチを経て、体験型のパフォーマンスを展開します。どこかへ向かうための「通路」で構成される日本の都市空間。そこに停泊や逗留ができる「島」を見出し、形づくろうとする二人のプロジェクトは、見慣れた都市の風景をどのように変え、どのように過ごすヒントを与えてくれるでしょう。

------

[作品概要]

池袋の道、約500mを100分かけて3周する―――。
都市の大部分は、通りすぎるだけの「通路」に占められています。アーティストはアジアの都市へ足を運び、いま人々はそこでどのように過ごしているのかをリサーチし、得られた学びを豊島区で展開します。参加者は、移動式の砂場を運ぶパフォーマーと共に、豊島区内のあるルートを周回し、人々が語らい・過ごす場所としての「砂の島」を発見したり、創り出す“練習” を行います。まずは、新しい視点で都市を見つめることから始めてみましょう。

公演情報

公演名 Sand (a)isles
日程・実施ルート

10/28(Mon)-11/10(Sun)
※開催日時によって、場所が異なります。内容にはいくつかのバージョンがございます。

10/28 (Mon) 18:00- Aルート
10/29 (Tue) 18:00- Bルート
10/30 (Wed) 18:00- Cルート
10/31 (Thu) 18:00- Dルート
11/1 (Fri) 18:00- Aルート
11/2 (Sat) 12:00-/17:00- ABCDルートで同時実施
11/3 (Sun) 12:00-/17:00- ABCDルートで同時実施
11/4 (Mon) 12:00-/17:00- ABCDルートで同時実施
11/5 (Tue) 休演
11/6 (Wed) 18:00- Bルート
11/7 (Thu) 18:00- Cルート
11/8 (Fri) 18:00-  Dルート
11/9 (Sat) 15:00- ABCDルートで同時実施
11/10 (Sun) 13:00- ABCDルートで同時実施

※受付開始は開演の15分前

受付場所
Aルート:としまエコミューゼタウン 南側地区広場
(豊島区本庁舎が入っている建物の南側)
〒171-8422 豊島区南池袋2丁目45-1

Bルート:シアターグリーン BIG TREE THEATER
〒171-0022 東京都豊島区南池袋2丁目20−4

Cルート:池袋駅西口モザイカルチャー 「えんちゃん」前
〒171-0021 東京都豊島区西池袋1丁目27−2
※受付場所が変更になりました。

Dルート:IKE・Biz(としま産業振興プラザ)前 
〒171-0021 東京都豊島区西池袋2丁目37−4

※野外で行うプログラムのため、暖かくしてお越しください。
上演言語 日本語、英語
上演時間 100分(予定)
チケット

参加無料(予約不要・先着順)

各ルート定員7名(予定)
※定員に達した場合は、安全管理の観点からご参加いただけない場合がございます。

 ご注意

本プログラムは、ケアテイカーと共にルートを歩く、ツアー型プログラムです。
雨天決行荒天中止
中止の場合のみ、各公演の3時間前までにF/T公式HPにて発表します。


※当日は記録・広報用に写真、並びに動画撮影をいたします。撮影素材は報告書や公式HPのほか、広く広報活動に使用させていただきます。 また、報道社による写真や動画撮影の可能性もございます。予めご了解いただけますよう、よろしくお願いいたします。

実施ルート

受付場所

Aルート:
としまエコミューゼタウン 南側地区広場
(豊島区本庁舎が入っている建物の南側) 

  • 住所:〒171-8422 豊島区南池袋2丁目45-1


Bルート:
シアターグリーン BIG TREE THEATER

  • 住所:〒171-0022 東京都豊島区南池袋2丁目20−4


Cルート:
池袋駅西口モザイカルチャー 「えんちゃん」前

  • 住所:〒171-0021 東京都豊島区西池袋1丁目27−2


Dルート:
IKE・Biz(としま産業振興プラザ)前 

  • 住所:〒171-0021 東京都豊島区西池袋2丁目37−4
ご参加いただいた方には特製マップをプレゼントいたします。

アーティスト・プロフィール

JK・アニコチェ

パフォーマンス・メイカー

マニラを拠点に活動する「シパット・ラウィン・アンサンブル」のアーティスティック・ディレクター。被差別、被災コミュニティの若者向けのワークショップや読み聞かせの普及など、コミュニティと舞台芸術との関係を軸に幅広く活躍する。

山川 陸

建築家

1990年生まれ。松島潤平建築設計事務所を経て、東京藝術大学美術学部教育研究助手。 建築意匠を介した非言語情報の読み取りを関心として活動する。演劇カンパニー「新聞家」の美術制作、「Whenever Wherever Festival」(18-19)の空間設計も手がける。

キャスト・スタッフ

演出・設計 JK・アニコチェ×山川 陸
ケアテイカー Aokid、福岡里砂、小林千尋、三野新、Ness Roque-Lumbres、千葉龍二、白井愛咲、平良恵、JK・アニコチェ 
砂場製作 甲斐貴大(studio archē)
砂場設計助手 矢口芳正
監修 内海潤也
リサーチアシスタント 金田ゆりあ
   
マップ・フォトブック編集 出原日向子
宣伝美術、マップ・フォトブックデザイン 鈴木哲生
   
制作 武田侑子
制作アシスタント 鈴木千尋、野本ひとみ
インターン 矢野百合子、柚木桃香、横井樹らら
   
共催 国際交流基金アジアセンター
主催 フェスティバル/トーキョー

トランスフィールド from アジア

舞台芸術が持つフィクションの力は、都市にどのように働きかけるのでしょう。2018年からのフェスティバル/トーキョーは、自らを「人と都市から始まる舞台芸術祭」と称し、 さまざまなプログラム=場を東京のまちなかに組み込んでいます。
そのひとつが新シリーズ「トランスフィールド from アジア」。F/T14以後行われてきた国別の特集「アジアシリーズ」を、国や分野の境界が融解するアジア全体の状況を取り上げるものとしてアップデートしたF/T18「トランスフィールド」での出会い、協働作業は、アジア発の横断的な文化の可能性をあらためて実感させるものでした。この新シリーズでは、その経験をさらに深め、観客の皆さんとも共に、これからのアジアの文化を築く原動力となる場を目指していきます。

こちらもオススメ

アートプロジェクト

パフォーマンス

日本

移動祝祭商店街

パフォーマンスデザイン:セノ派(舞台美術家コレクティブ)

10/5 (Sat) – 10/6 (Sun)

豊島区内商店街、トランパル大塚

Bamboo Talk(ルビで:バンブー・トーク)PhuYing(ルビで:プニン)

振付:ウンラー・パーウドン、ヌーナファ・ソイダラ

10/25 (Fri) - 10/27 (Sun)

東京芸術劇場 シアターイースト

To ツー 通

企画・出演:オクイ・ララ×滝 朝子

11/2 (Sat) - 11/4 (Mon)

シアターグリーン BIG TREE THEATER