フェスティバル/トーキョー19

NEWS

フェスティバル/トーキョーからのお知らせ一覧です。

2021/09/13
アーカイビングF/T 配信作品一部変更のお知らせ
2021年9月17日(金)〜 9月26日(日)に公開を予定しておりました。 『H3』(演出・振付:ブルーノ・ベルトラオ)の記録映像配信は、諸般の事情により公開を中止させて頂きます。楽しみにお待ち頂いた皆様には誠に申し訳ありません。同日程で、ファンラオ・ダンスカンパニー『Bamboo Talk, PhuYing』の映像を配信致します。
2021/08/26
アーカイビングF/T ウェブサイトをリニューアルしました。
2021/05/20
フェスティバル/トーキョー20 アーティスト・ピット ドキュメントを公開しました
2021/04/22
記録集『アジアシリーズからトランスフィールドへ』を公開しました!

アーカイビング F/Tとは

2020年度の開催をもって、節目を迎えたフェスティバル / トーキョー(F/T)は、2009年から2020年まで、13回にわたって開催されました。舞台芸術を中心に、上演・上映プログラム数 204、関連イベントもあわせ、のべ 77万人の観客と出会ってきました。これらの出来事を通じて、国内外にまたがる多くの人々や作品が交差し、さまざまな活動・交流の膨大な結節点が生み出されました。

上演作品やイベントは、「もの」として保存ができません。参加者や観客との間で起こった「こと」は、その場かぎりで消えていきます。しかしその都度、ほんのわずかに世界を変えます。その変化はつながって、あるいは枝分かれして、あちこちに種子を運び、芽ばえていきます。

F/Tは何を育んできたのでしょうか。過去の記録が未来の変化の種子や養分になることを願い、2021年8月〜2月にかけてオンライン上で3つのプログラムをを実施します。

2021年度以降の体制変更については こちら

プログラム

フェスティバル/トーキョーのプログラムご案内ページです。

映像セレクション

過去にF/Tで上演した作品の中から10作品の記録映像を2作品ずつ、記録映像を10日間限定配信します。
1作品の視聴料金は、『Cargo Tokyo-Yokohama』:無料、その他の作品:500円。全作品視聴券は1500円となります。

●配信予定作品
リミニ・プロトコル『Cargo Tokyo-Yokohama』
バック・トゥ・バック・シアター『ガネーシャVS.第三帝国』
ファンラオダンスカンパニー『Bamboo Talk, PhuYing』
『パレスチナ、イヤーゼロ』(作・演出:イナト・ヴァイツマン)
『わたしが悲しくないのはあなたが遠いから』(作・演出:柴 幸男)
中野成樹+フランケンズ『半七半八(はんしちきどり)』
『ファーム』演出:キム・ジョン 作:松井 周)
インスタントカフェ・シアターカンパニー『NADIRAH』
安野太郎×渡邊未帆×危口統之 ゾンビオペラ『死の舞踏』
モモンガ・コンプレックス『わたしたちは、そろっている。』
※『H3』(演出・振付:ブルーノ・ベルトラオ)の記録映像配信は、諸般の事情により公開を中止させて頂きます。

F/Tをめぐる言葉

F/Tの節目にあたり、歴代のディレクターによる寄稿文を公開します。また、舞台芸術祭や舞台芸術のアーカイブをテーマにしたオンラインディスカッションを実施、無料配信します。

データベース

アーティスト名およびカンパニー名などのキーワードで、13回分の公演情報やウェブマガジンの掲載記事を横断的に検索できるデータベースを作成、公開します。
※こちらのプログラムは2022年2月に公開予定です。

ダンス
映像セレクション

Bamboo Talk, PhuYing

ファンラオ・ダンスカンパニー
振付:ウンラー・パーウドム、ヌーナファ・ソイダラ



配信期間:
2021年9月17日(金)9:00〜9月26日(日)23:59
演劇
映像セレクション

パレスチナ、イヤーゼロ

作・演出:イナト・ヴァイツマン



配信期間:
2021年9月17日(金)9:00〜9月26日(日)23:59
演劇
映像セレクション

Cargo Tokyo-Yokohama

構成:シュテファン・ケーギ(リミニ・プロトコル)
演出:イェルク・カレンバウアー(リミニ・プロトコル)



配信期間:
2021年8月27日(金)9:00〜9月5日(日)23:59
演劇
映像セレクション

ガネーシャVS. 第三帝国

バック・トゥ・バック・シアター
演出:ブルース・グラッドウィン



配信期間:
2021年8月27日(金)9:00〜9月5日(日)23:59
 
 

WEBマガジン

フェスティバル/トーキョーのWEBマガジンFT FOCUSのページです。

FT20

シンガポールの映像演劇が描く癒しとしてのアニミズム――テアター・エカマトラ『Berak』

文・金子 遊

FT20

「つくる楽しみ」を民主化する ──「するアート」としてのガリ版印刷発信基地

文・萩原雄太

FT20

「追憶」が浮き彫りにする新たな「現在」の生成──村川拓也『ムーンライト』

文・北小路 隆志

FT20

現実空間を異化して、現実を抜け出す。――『Rendez-Vous Otsuka South & North』

文・畠中 実

これまでのF/T

フェスティバル/トーキョーの過去サイトのアーカイブです。

メールニュース登録

MAIL NEWS

コンタクト

フェスティバル/トーキョー
実行委員会事務局

171-0031 東京都豊島区目白5-24-12 4階

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5961-5202

マスコミ・
報道関係の方