この10年で芸術祭が日本各地にひしめくように誕生し、芸術祭を取り巻く環境も大きく変化しました。この巨大都市・東京でいま、フェスティバルはどのような「特別な時間」になりうるのでしょうか。これからのフェスティバル/祭りのあり方を検証します。

プログラム情報

公演名 シンポジウム
「フェスティバル・アップデート」
日程 10/16 (Tue)  19:00  「いま」のお祭りを考える
11/18 (Sun)  13:00  生活圏/創作圏としての東京
       16:00  「 」のなかの東京
会場 10/16 (Tue)  東京芸術劇場 シンフォニースペース
11/18 (Sun) あうるすぽっと ホワイエ
言語 日本語
一般前売 入場料(各回)
500円
登壇者 10/16 福住廉、港千尋、森真理子
 

プログラム詳細

10/16(Tue) 19:00
「いま」のお祭りを考える


古来より日本には、新春を祝い、五穀豊穣や疫病退散を願い、また感謝するための節目としての「祭り」があります。かたや1990年代から2000年代にかけて全国各地で「芸術祭」がもてはやされ、既にその熱が冷めつつある状況です。「祭り」には社会的な機能があり、それは時代とともに少しずつ移り変わっているはずです。このセッションではアートに関わる豊富な事例や多様な視点を交換し、「今」のお祭りの在り方を探ります。

11/18 (Sun) 13:00
生活圏/創作圏としての東京


F/Tは、その名の通り東京で行われる芸術祭として、今年で10年目を迎えます。祭り(フェスティバル)が日常の中から、日常との対比として現われてくるものならば、いま東京を構成しているのは、どんな日常でしょうか。輪郭があいまいなこの巨大都市は、生活者・創作者それぞれにとってどんな場所なのでしょうか。祭りが育まれる土壌としてのいまの東京を検証します。

11/18 (Sun) 16:00
「 」のなかの東京


日本国内での東京への一極集中傾向はまだ続いていますが、アジアや世界に視点を移すと、東京のポジションが時々刻々と変化していることは明らかです。F/Tの拠点である東京の現状を、単純な他都市との比較ではなく、ぐっと俯瞰した視点から眺めることで、フェスティバルのアップデートへ向けて、トーキョーを捉え直すためのセッションです。

登壇者プロフィール

10/16 (Tue)  19:00  「いま」のお祭りを考える


美術批評家福住 廉(ふくずみ・れん)

1975年東京都生まれ。著書に『今日の限界芸術』(BankART 1929、2008)。共著に『ビエンナーレの現在』(青弓社、2008)、『日本美術全集第12巻 拡張する戦後美術』(小学館、2015)、『どうぶつのことば』(羽鳥書店、2016)ほか多数。「共同通信」で毎月展評を連載しているほか、ウェブサービス「note」でも批評を発表している。また、展覧会の企画も手がけており、「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015」ではプロジェクト・ディレクターとして「今日の限界芸術百選」(まつだい「農舞台」、2015)を企画運営した。現在、東京藝術大学大学院、女子美術大学、多摩美術大学、横浜市立大学非常勤講師。

写真家/著述家/NPO法人Art Bridge Institute代表理事港 千尋(みなと・ちひろ)

1960年生まれ。多摩美術大学情報デザイン学科教授。記憶、イメージ、群衆などをテーマに、映像人類学をはじめ幅広い 活動をつづけている。近著に『芸術回帰論』(平凡社新書、2012年)、『ヴォイドへの旅』(青土社、2012年)、『ひょうたん美術館』(牛若丸、2014年)『革命のつくりかた』(インスクリプト 2015年)『言葉の宇宙船 わたしたちの本のつくり方』(芹沢高志との共著 ABI+P3 共同出版プロジェクト、2016年)。最近のグループ展に『近未来的交陪』(蕭壠文化パーク 台湾台南市 2017年)など。台北ビエンナーレなど国際展のキュレーションも行い、2007 年には第52回ベネチア・ビエンナーレ日本館コミッショナー、あいちトリエンナーレ2016の芸術監督も務めた。

アート・プロデューサー、torindo代表理事森 真理子(もり・まりこ)

2007年よりフリーランスで、シアターカンパニー「マレビトの会」ほか、演劇・ダンス・音楽・美術の幅広いジャンルで企画制作・プロデュースを行う。2009年より京都府舞鶴市でのアートプロジェクト「まいづるRB」ディレクターを務め、小中学校や福祉施設、商店街等と連携しながらアート事業を実施。2012年「一般社団法人torindo」を立ち上げ、代表理事を務める。主なプロデュース作品に日比野克彦「種は船プロジェクト」(2009-2013)、砂連尾理「とつとつダンス」(2010-)等。「六本木アートナイト2014」プログラム・ディレクター。「さいたまトリエンナーレ2016」プロジェクト・ディレクター。2017年より日本財団DIVERSITY IN THE ARTSパフォーミングアーツ・グループ チーフ・ディレクター。

ご予約

下記フォームよりお申込みください。(当日清算)

会場アクセス

あうるすぽっと

  • 住所:豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル2F
  • 電話:03-5391-0751
  • 東京メトロ有楽町線「東池袋駅」6,7番出口より直結
  • JR他「池袋駅」東口より徒歩10分
  • 都電荒川線「東池袋四丁目」徒歩2分

東京芸術劇場

  • 住所:豊島区西池袋1-8-1
  • 電話:03-5391-2111(代)
  • JR他「池袋駅」西口より徒歩2分(駅地下通路2b出口と直結)

こちらもオススメ

10/23(Tue) - 11/11(Sun)

東京芸術劇場 アトリエイースト ほか

トーク

ワークショップ

日本

海外

ディスカバリー・プログラム

多面的に舞台芸術に出会い、深めるための体験型プログラム