MI(X)G ミックス

アジアシリーズ vol.5 トランス・フィールド

MI(X)G(ミックス)

コンセプト・演出:ピチェ・クランチェン

カラフルな「アジア」のグルーヴに出会い、巻き込まれる!
 カラフルでキッチュな衣裳に身を包んだ「サル」たちが躍動する『Toky Toki Saru』(F/T17)でも好評を博したタイのダンサー・振付家、ピチェ・クランチェンが、再び南池袋公園での新作上演を構想。今年もフェスティバル/トーキョーのオープニングを飾ります。
 今作のテーマは「変化し続けるアジア」。アジア域内で加速するMigration(=移動)、Immigration(=移住)による未知(X)の出会い、それらを受け入れる融和(=Grant)の喜びが、アジアの各地域から集ったダンサー、振付家6名と、オーディションを経て選ばれた日本在住のダンサー24名により、伸びやかに表現されます。
 ダンサーたちは、ユニークなバルーン型のオブジェを装着。色も形もさまざまなオブジェが揺れ動くさま、DJの生み出すグルーヴ……。ステージを設けない開放的な広場での公演はやがて、観客をも呑み込む唯一無二の祝祭空間を立ち上げるでしょう。

 MI(X)G_sub2_PhotoTakashi Fujikawa (Alloposidae) .jpg MI(X)G_sub3_PhotoTakashi Fujikawa (Alloposidae) .jpg                                                                                                                              









『Toky Toki Saru』(F/T17)公演写真  Photo:Takashi Fujikawa (Alloposidae)

公演情報

会場 南池袋公園
日程

10/13(Sat)15:00
10/14(Sun)15:00★

★=終演後、ポスト・パフォーマンストークあり
※雨天決行、荒天中止

上演時間 120分(予定)
チケット 入場無料・予約不要
 

アーティスト・プロフィール

ダンサー・振付家
ピチェ・クランチェン 

タイ古典仮面舞踊劇コーンの第一人者チャイヨット・クンマネーのもとで16歳から訓練を開始。バンコクのチュラロンコン大学で美術・応用美術の学士号を取得後、ダンサー・振付家として舞台芸術を探究。世界各地でさまざまな舞台芸術プロジェクトに参加する。ヨーロピアン・カルチュラル財団からルート・マルグリット・プリンセス賞(2008)、フランス政府から芸術文化勲章シュバリエ章(2012年)、アジアン・カルチュラル・カウンシルからジョン・D・ロックフェラー三世賞(2014年)などを受賞。

キャスト・スタッフ

コンセプト・演出 ピチェ・クランチェン
振付・出演 イーウェイ・ティエン、サン・ピッタヤー・ペーフアン、ジェット・レン、
ジェド・アミハン、ジャニュアリー・ロー、鈴木奈菜
出演 アシュリング・クック、あゆ子、石川大貴、小野彩加、小山衣美、
甲斐美奈寿、貝ヶ石奈美、木皮成、小松詩乃、小山柚香、
ピーター・ゴライトリー、佐々木芙優、佐々木健、芝池夕貴、鈴木春香、
千葉りか子、堤 頌子、内藤治水、
仲宗根豊、Kanami Nakabayashi、
福岡まな実、本城祐哉、みなかわ まゆむ、横山真依
   
音楽・DJ ローリー・ブレイカーモラント
音楽 レオ・ジョルダン
   
演出助手 コンカーン・ルンサワン
オブジェクトデザイン・衣裳 ピヤポン・ポントーン
音響 相川 晶 (有限会社サウンドウィーズ)
技術監督 寅川英司
衣装コーディネート 藤林さくら
通訳・翻訳 岩澤孝子、福冨 渉、高橋マリア美弥子
宣伝美術 鈴木哲生
記録写真・記録映像 藤川琢史、宮澤響(Alloposidae)
   
制作 武田侑子、新井稚菜 (フェスティバル/トーキョー)
制作助手  小森あや (株式会社TASKO)、野本ひとみ 
   
アジアシリーズ共催  国際交流基金アジアセンター
   

会場アクセス

南池袋公園

  • 住所:豊島区南池袋2-21-1
  • 電話:03-5961-5202(F/T)
  • JR、東京メトロ、東武東上線、西武池袋線「池袋駅」東口より徒歩6分

関連ニュース

こちらもオススメ

演劇

海外

アジアシリーズvol.5 トランス・フィールド
ショプノ・ドル『30世紀』

脚色・演出:ジャヒド・リポン 原作:バドル・ショルカル

11/3 (Sat) - 11/4 (Sun)

東京芸術劇場 シアターウエスト

音楽

レクチャー

映像

海外

アジアシリーズvol.5 トランス・フィールド
『ボンプン・イン・トーキョー』

キュレーション:ローモールピッチ・リシー

11/10 (Sat) - 11/11 (Sun)

北千住BUoY