アジアシリーズ vol.5 トランス・フィールド

ショプノ・ドル
『30世紀』

脚色・演出:ジャヒド・リポン

遠い地からココへ、ココから遠く未来へ。響き合う平和への願い
 バングラデシュの劇団ショプノ・ドルが、2002年以後17年間にわたり、広島平和記念日にあわせて上演し続けてきた代表作が、ついに日本初演を迎えます。
本作は、広島・長崎の被爆者の証言、核開発や原爆投下の関係者への問いかけを軸にしたベンガル人劇作家バドル・ショルカルの戯曲(1966年)に、バングラデシュの現代史や現在の世界情勢を盛り込み、脚色したもの。劇団代表で、脚色も手がけたジャヒド・リポンの演出は、語りと歌で綴る伝統の演劇形式に倣いつつ、色鮮やかな織物、情報の象徴でもある新聞紙、俳優の身体を駆使し、力強いメッセージを発信します。
 なお、会場となる東京芸術劇場は、ベンガル言語運動(1952年)の記念碑「ショヒド・ミナール」(複製)が置かれた池袋西口公園に隣接します。パキスタン統治時代の バングラデシュ(注)では当初、国語として認められていなかったベンガル語で書かれた戯曲の上演は、時と場所を超えた平和への願いを幾重にも響かせるものとなるでしょう。
(注) バングラデシュは、1971年にパキスタンより独立。

公演情報

会場 東京芸術劇場 シアターウエスト
日程

11/3 (Sat) 18:00 
11/4 (Sun) 14:00★

★=終演後、ポスト・パフォーマンストークあり
※受付開始は開演の1時間前、開場は30分前

上演時間 90分(予定)
言語 ベンガル語上演、日本語字幕あり
一般前売
(全席指定)
3,500円、当日4,000 円、学生2,300円、ほかセット券あり 
その他 先行割引 ¥2,500
5演目セット ¥2,800
3演目セット ¥3,000
学生
※当日券共通。当日受付で要学生証提示
¥2,300
高校生以下
※当日券共通。当日受付で要学生証または年齢確認可能な証明書の提示
¥1,000
 

チケット予約

F/Tチケットセンターで

(24時間受付)

電話予約03-5961-5209

  • 開設期間:8/23~11/12(12:00~19:00、8/23・8/27のみ10:00より受付)
  • 会期中無休、10/1~10/30の期間は木・日・祝定休

アーティスト・プロフィール

ショプノ・ドル

2001年、ダッカにて、ジャヒド・リポンが創立。語りと歌を交えたベンガル地方の伝統的な演劇手法を用いながら現代的なテーマを扱い、タゴールの詩劇『チットランゴダ』やハワード・ファストの『スパルタカス』、モノドラマ『ヘレン・ケラー』など17作品を発表している。国内外のさまざまな演劇祭に参加、代表作の『30世紀』は、ロンドンの演劇祭やアジア最大級の演劇祭、インド国際演劇祭(2015年)でも上演された
アーチスト名Photo: Swapnadal

演出家、俳優、ショプノ・ドル代表
ジャヒド・リポン

1969年生まれ。劇団ショプノ・ドル代

表。ジャハンギルナガル大学演劇学部(演出専攻)にて学士号と修士号を取得。演出家、俳優、指導者、研究者として32年間演劇に関わり続ける。ナショナル・インスティテュート・オブ・マス=コミュニケーションのディレクター、バングラデシュ・マイム・フェデレーションの委員長を兼任。

キャスト・スタッフ

脚色・演出  ジャヒド・リポン
   
企画・主催 フェスティバル/トーキョー
共催 国際交流基金アジアセンター
  beyond.jpg
後援 駐日バングラデシュ大使館
   

会場アクセス

東京芸術劇場

  • 住所:豊島区西池袋1-8-1
  • 電話:03-5391-2111(代)
  • JR他「池袋駅」西口より徒歩2分(駅地下通路2b出口と直結)

関連ニュース

関連トーク  バングラデシュを読み解く

11/1 (Thu)18:30  丹羽京子(東京外国語大学准教授、ベンガル文学専門)
11/2 (Fri)18:30   ジャヒド・リポン(演出家、ショプノ・ドル代表) ほか

会場:東京芸術劇場 アトリエイースト
入場料:500円 (予約優先)

こちらもオススメ

音楽

レクチャー

映像

海外

アジアシリーズvol.5 トランス・フィールド
『ボンプン・イン・トーキョー』

キュレーション:ローモールピッチ・リシー

11/10 (Sat) - 11/11 (Sun)

北千住BUoY