ニュース

新ロゴデザインを発表
アートディレクターはAllright Graphicsの髙田唯氏

フェスティバル/トーキョー(以下F/T)は、新しいロゴデザインを発表いたしました。

2009年より開催している当舞台芸術祭は、10年目の2018年よりディレクターが交代し、ディレクター長島確、共同ディレクター河合千佳の下、社会における芸術の新たな可能性を追究しています。

新体制への移行が完了する本年、「人と都市から始まる舞台芸術祭」であるF/Tのコンセプトをより強く発信していくため、アートディレクターにAllright Graphicsの髙田唯氏を迎え、ロゴデザインを一新いたしました。

新ロゴマークは、芳賀あきな氏のイラストレーションを用い、人でしか生み出すことのできない舞台芸術や、人と都市の関係の中で立ち上がる幸福な時間(フェスティバル)を表しています。デザインのフィールドに留まらない多様な活動を通じて、人と都市の新しい関係を表現する髙田唯氏のアートディレクションにより、F/Tのコミュニケーション・デザインを構築していきます。

プレスリリース全文はこちら(PDF) https://www.festival-tokyo.jp/dcms_media/other/logo-release_fix.pdf
広報素材(ロゴデータ)はこちら https://app.box.com/s/4sbbkwfdwpzneyjln94ry8h6c21isgkc

アートディレクター・メッセージ

F/Tロゴデザインは、ブランドを保つための強固なロゴ作りの方法とはすこし違うアプローチで新たなステージに存在させたいと思い、視野を広げ未来を想像することから思考をスタートさせました。舞台芸術の、その時その場にいなければ感じられないものを表現することに挑戦しようと検討を重ね、その時の身体から生みだされる形、線によって形成することが重要だと考え「何かにしがみつくことのない、動きのある、変化を受け入れられる流動性のあるロゴ」をイラストレーターの芳賀あきなさんと一緒につくりあげました。F/T事務局の方々と話を交わすたびに彼らの柔軟さと意見に助けられ、さらに意味の深いものになったと感じています。


髙田 唯 Yui Takada

アートディレクター、グラフィックデザイナー。1980年生まれ。桑沢デザイン研究所卒。2006年Allright Graphics設立に参加。2007年活版印刷工房Allright Printingを発足。同年PAPIER LABO.にディレクターとして参加。東京造形大学准教授。


MAIL NEWS

F/Tの最新情報をお届けするメールニュースを無料配信中!
ぜひご登録ください。

Mail Newsに登録

CONTACT

ADDRESS / TEL

171-0031 東京都豊島区目白5-24-12 4階
フェスティバル/トーキョー実行委員会事務局

お電話でのお問合せ

03-5961-5202

E-MAIL

一般の方

toiawase@festival-tokyo.jp

マスコミ・報道関係の方

press@festival-tokyo.jp