『Toky Toki Saru(トキトキサル)』
コンセプト・演出:ピチェ・クランチェン
9月30日(土)・10月1日(日)
会場南池袋公園ほか
日程9/30 (土) 17:00-19:00
10/1 (日) 13:00-15:00
※雨天決行、荒天中止
上演時間120分 (予定)
料金入場無料・予約不要


ポップでキッチュ、自由なサルたちとめぐる「トーキョー」

 タイの仮面舞踊の哲学をコンテンポラリー・ダンスに落とし込んだ作品で、世界的に活躍するダンサー、振付家のピチェ・クランチェン。フェスティバル/トーキョー17のオープニングプログラムでもある本作は、彼が現代の東京にインスパイアされ、生み出した新作野外パフォーマンスだ。
 数週間の東京滞在を経て見出されたキーワードは「Body」と「Mind」。消費文化の中で培養され、去勢された身体、精神を、機敏かつ順応性に富む「サル」たちを媒介に解放し、そこから生まれるあらたなエネルギー、創造力をこの都市に注ぎ込む。
 タイ、インドネシア、カンボジア、香港、日本のダンサーに、20名の一般参加者を加えた出演者は総勢40名。彼らが上野、秋葉原など都内の風景をイメージソースとしたカラフルな衣装を身にまとい踊る光景は、それだけで明るくエネルギッシュだ。ヒップホップやストリートダンスの要素を交えた振付、芝に覆われた会場も、開放感に満ちた時間を演出するにちがいない。

ムービー

フォトギャラリー

アーティスト・プロフィール

ピチェ・クランチェン

ダンサー・振付家

タイ古典仮面舞踊劇コーンの名優チャイヨット・クンマネーのもとで16歳より訓練を開始。バンコクのチュラロンコン大学で芸術・応用美術の学士号を取得後、舞台芸術を探究してきた。北米、アジア、ヨーロッパの各地でさまざまな舞台芸術プロジェクトに参加。フランス政府から芸術文化勲章シュバリエ(2012)、アジアン・カルチュラル・カウンシルからジョン・D・ロックフェラー三世賞(14) を受賞。近年では、『Dancing with Death』(16)『Black and White』(15) などが日本で上演されている。本作では、コンセプト・演出という立場から創作に挑む。

キャスト/スタッフ

   
コンセプト・演出ピチェ・クランチェン
振付・出演パドゥン・チュムパン、アリサ・スライマン、ジャネット・ウー、ニエット・ラディー 
出演伊藤沙希、岩城かのこ、大手可奈、小山衣美、京極朋彦、久保佳絵、小山柚香、佐藤有華、鈴木奈菜、鈴木春香、 鶴家一仁、田路紅瑠美、都丸明子、ながやこうた、福岡まな実、松尾 望、ほか
DJ・音楽ローリー・ブレイカーモラント
  
衣裳ピヤポン・ポントーン 
衣裳助手コンカーン・ルンサワン
舞台ウォーラワン・タロートスック
照明三浦あさ子
音響相川 晶 (有限会社サウンドウィーズ)
技術監督寅川英司
技術監督助手河野千鶴
舞台監督横川奈保子
演出部金子裕明、小野寺栞、蓮樹 謙、櫻井健太郎
照明コーディネート木下尚己(株式会社ファクター)
美術コーディネート中村友美
小道具コーディネート小山内ひかり
通訳・翻訳岩澤孝子
通訳福冨 渉
宣伝美術鈴木哲生
写真・映像シリワン・パックメイ
制作武田侑子、十万亜紀子 (フェスティバル/トーキョー)
制作助手小森あや (株式会社TASKO)、菅井新菜
インターン朝倉泰臣、井上渚、呉芳園、小林礼乃、野本ひとみ
  
共催国際交流基金アジアセンター
協力公益財団法人セゾン文化財団
日・タイ修好130周年記念事業
主催フェスティバル/トーキョー

関連ニュース