シンポジウム

「劇評の今から見る、国際フェスティバル事情」
登壇者:野田 学 (明治大学教授、AICT/IATC日本センター会員、『シアターアーツ』編集部)他

 国際演劇評論家協会に属する国内外の評論家を招き、海外フェスティバルの現状や各国における劇評の現在、その役割を紹介。国内外のネットワーク構築に向けて、海外進出に向けての国際フェスティバルの役割について討論する。


日程10/9(月) 14:00-17:00 途中入退場自由
会場早稲田大学戸山(文学部)キャンパス 33号館3階第1会議室
入場料無料(予約優先)
英語英語(日本語逐次通訳付き)

主催フェスティバル/トーキョー、国際演劇評論家協会(AICT/IATC)日本センター、早稲田大学文学部演劇映像コース



特別講座

「アラブ演劇の現在」
講師:ガンナーム・ガンナーム(劇作家・演出家・アラブ演劇協会(ATI)出版広報部マネージャー)

 国際演劇協会(ITI)日本センターでは12月、ガンナーム・ガンナーム作『朝のライラック(ダーイシュ時代の死について)』をリーディング公演で紹介する。これに先駆けて作家が来日。来年10度目の開催を迎える「アラブ演劇フェスティバル」などATIの活動とアラブ演劇の「いま」を語る。


ガンナーム・ガンナーム

演出家、劇作家、俳優(ヨルダン[パレスチナ])

1955年ジェリコ生まれ。1984年から演劇活動を開始。ヨルダン芸術家連盟会員、ヨルダン演劇人協会会員。アラブ演劇協会(ATI、在シャルジャ)等の設立に参加。現在はアラブ演劇協会で出版・広報責任者を務めるほか、アラブ圏の多数の演劇祭で審査員を務める。代表作に故ガッサーン・カナファーニー原作の一人芝居『ハイファに戻って』。戯曲『朝のライラック(ダーイシュ時代の死について)』(2016)でのヨルダン文化省創造賞のほか、戯曲賞、演出賞を多数受賞。最新作はモノドラマ『私は亡命先で死ぬ』(2017、作・演出・出演)。

日程10/6(金) 18:30
10/7(土) 14:00 途中入退場自由
会場東京芸術劇場アトリエイースト
入場料500円(予約優先)

主催文化庁、国際演劇協会日本センター
共催フェスティバル/トーキョー
文化庁委託事業「平成29年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」




F/Tトーク


作品への理解を深め、世界の演劇の「今」を知ることができる、さまざまなトーク企画を実施。追加のプログラムは随時ウェブサイトなどで発表予定です。

「劇場と日常生活は地続きになるのか? 建築/デザイン/演劇を越境しての対話」

登壇者:冨永美保+伊藤孝仁(tomito architecture)、阿部太一(GOKIGEN)、藤原ちから(BricolaQ)
日程10/13(金) 19:00
会場東京芸術劇場 アトリエイースト
入場料500円(予約優先)