まちなかパフォーマンスシリーズ
都市やその郊外のさまざまな場所で、それぞれに異なるスタイルを持ったアート、パフォーマンスを展開するシリーズ。「劇場」から出た作品たちは、上演地の歴史や文化、既存のコミュニティにじかに触れつつ、観客、参加者との柔軟であたらしい関係を紡ぎ出す--。
『アイ・アム・ノット・フェミニスト!』
作・演出・出演:遠藤麻衣
10月26日(木)~10月29日(日)
会場ゲーテ・インスティトゥート 東京ドイツ文化センター
日程10/26(木)
パフォーマンス17:00 / 19:00
展示16:00~21:00

10/27(金)
パフォーマンス17:00 / 19:00
展示16:00~21:00

10/28(土)
パフォーマンス13:00 / 15:00
展示12:00~17:00

10/29(日)
パフォーマンス13:00 / 15:00
展示12:00~17:00

上演時間パフォーマンス上演時間:30分
言語日本語上演
一般前売一般前売(整理番号付自由席)2,000円 / 当日 2,500 円、学生1,300円ほかセット券あり
先行割引¥1,400
5演目セット ¥1,600
3演目セット¥1,700
学生 ※当日券共通。当日受付で要学生証提¥1,300
高校生以下
※当日券共通。当日受付で要学生証または年齢確認可能な証明書の提示
¥1,000

※野外上演を含む。
※チケットをお持ちの方はパフォーマンス、展示の両方をご覧頂けます。

パフォーマンス
※受付開始は開演1時間前、開場は開演の30分前。
※野外で行います。雨天時は会場を変更して実施します。

展示
※展示の最終入場は展示終了の30分前。
※展示は当日に限り再入場可能です。
※展示の鑑賞時間はお客様によって異なりますが、30分-60分程度が目安となります。

「結婚」を滞在制作し、演じる。アパートの一室から見る制度、社会

 舞台俳優で美術家の遠藤麻衣が、フェミニズム批評をテーマにした映像作品、パフォーマンスで構成し、話題を呼んだ個展『アイ・アム・フェミニスト!』(2015)の続編を発表する。東京ドイツ文化センター内に、夫で美術家の村山悟郎と共に滞在し制作する本展が焦点をあてるのは「結婚」。二人の居住スペースをそのまま公開する展示に加え、結婚式のパフォーマンスも実施し、「結婚」を構成するさまざまな要素—社会意識、制度のあり方を問う。

フォトギャラリー

アーティスト・プロフィール

遠藤麻衣

俳優、美術家、「二十二会」主宰

1984年兵庫県生まれ、東京在住。現在、東京藝術大学美術研究科博士後期課程に在籍。「演じる」というテーマを軸に、美術や演劇など領域横断的な活動を展開している。主な展覧会に『MOTアニュアル2016 キセイノセイキ』(2016)、『ボクは神の子を妊娠した。』(15)、『アイ・アム・フェミニスト!』 (15)。また、主な出演にsons wo:『シティⅢ』(17) 、二十二会『へんなうごきサイファー』(14~)、岡崎藝術座『イスラ!イスラ!イスラ!』(16) 、岸井大輔『始末をかく』(13~18)、西尾佳織『透明な隣人 ~8 -エイト-によせて~』(F/T14)などがある。
http://www.maiendo.net/

キャスト/スタッフ

作・演出・出演遠藤麻衣
出演村山悟郎
ドラマトゥルク櫻井美穂
映像藤川琢史、宮澤 響
制作荒川真由子、松宮俊文(フェスティバル/トーキョー)
特別協力ゲーテ・インスティトゥート 東京ドイツ文化センター
主催フェスティバル/トーキョー

関連ニュース