『十字軍芝居 ― 三部作 ―』
作:ワエル・シャウキー
10月14日(土)~10月16日(月)
会場池袋HUMAXシネマズ
日程10/14(土)19:05
10/15(日)19:05
10/16(月)19:05
上演時間225分(第一部30分、第二部60分、第三部120分 途中休憩15分あり)
言語アラビア語上映/日本語、英語字幕
一般前売一般前売・当日1800円、学生1500円ほか
※チケットは池袋HUMAXシネマズのみ取扱
先行割引 ¥1,300
学生 ※当日券共通。当日受付で要学生証提¥1,500
高校生
※当日券共通。当日受付で要学生証または年齢確認可能な証明書の提示
¥1,500
中学生以下 ※当日券共通。当日受付で要学生証または年齢確認可能な証明書の提示¥1,000
© Wael Shawky; Courtesy the Artist and Lisson Gallery


手製の操り人形が再現する、十字軍遠征の血の歴史

 アラブ世界の現実を、神話や空想を交えた芸術作品に昇華するワエル・シャウキー。エジプト出身の彼が、十字軍遠征の軌跡を「聖戦」とは異なる視点から描いたアミン・マアルーフの著書『アラブが見た十字軍』にインスパイアされ、製作した映像三部作(第一部『ホラー・ショー・ファイル』/第二部『カイロへの道』/第三部『聖地カルバラーの秘密』) を日本で初めて完全上映する。木や粘土、ヴェネツィアン・グラスでつくられた操り人形たちが、実際の戦跡を再現したセットで、古典アラビア語を用いて演じる歴史的事件の顛末。彼らの見せる表情、流す血の思わぬ生々しさが、私たちの歴史観に風穴を開ける−。

ムービー

  • 第一部『ホラー・ショー・ファイル』
  • 第二部『カイロへの道』
  • 第三部『聖地カルバラーの秘密』
  • 第三部『聖地カルバラーの秘密』

フォトギャラリー

アーティスト・プロフィール

© Wael Shawky;
Courtesy the Artist and Lisson Gallery


ワエル・シャウキー

アーティスト・映画監督

1971年エジプト生まれ。アレクサンドリア大学で美術を学んだ後、ペンシルバニア大学でMFAを取得。アラブ世界を主軸とした丹念なリサーチの成果を、映画、パフォーマンスなど、さまざまな形式で作品化し、国家や宗教、芸術的なアイデンティティを問い直す。なかでも『十字軍芝居』では、中世におけるイスラム教とキリスト教との激しい衝突の歴史を、真実とフィクション、霊的教義と純粋な探究心とを織り交ぜ、融合させつつ、再現した。その作品は世界演劇祭(2010)やMoMA PS1(2015)、ヨコハマ・トリエンナーレ2017など、世界各地の芸術祭や美術展で取り上げられている。

キャスト/スタッフ

監督ワエル・シャウキー
  
宣伝美術阿部太一(GOKIGEN)
制作砂川史織
インターン 寺田凜、宮岡夏希、山本采奈
  
プログラム・コーディネート横堀応彦
  
特別協力株式会社ヒューマックスシネマ
協力リッソンギャラリー
主催フェスティバル/トーキョー

関連ニュース

ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」
ワエル・シャウキー『十字軍芝居』(三部のみ)とマリオネットを展示中
会期:2017.8/4(金)-11/5(日)  会場:横浜美術館 
お問合せ:ハローダイヤル 03-5777-8600(8:00-22:00)
WEB:http://www.yokohamatriennale.jp