ドーレ・ホイヤーに捧ぐ 『人間の激情』『アフェクテ』『エフェクテ』
構成・振付: スザンネ・リンケ
12/9 (金) ─ 12/11 (日)
会場あうるすぽっと
日程12/9 (金) 19:00
12/10 (土) 13:00 / 19:00
12/11 (日) 13:00
受付開始は開演の1時間前、開場は30分前

演出の都合上、開演後、30分程度、お座席へのご案内ができません。
開演後にいらっしゃったお客様には途中休憩まで、劇場ロビーのモニターをご案内いたします。
上演時間110分(休憩あり)
  『人間の激情』30分
   休憩15分
  『アフェクテ』『エフェクテ』65分
一般前売全席指定 ¥4,000 (当日+500円)
先行割引¥2,800
5演目セット¥3,200
3演目セット¥3,400
学生 ※当日券共通。当日受付で要学生証提¥2,600
高校生以下
※当日券共通。当日受付で要学生証または年齢確認可能な証明書の提示
¥1,000
Hommage à Dore Hoyer0
spac Pamphlet当日パンフレット(PDF)






ダンスの歴史を未来に手渡す。生けるダンスアーカイブの尽きせぬ創造

 ドイツ表現主義舞踊の流れを汲み、ピナ・バウシュらと共に、現代ドイツの舞踊表現を牽引してきたスザンネ・リンケが16年ぶりに来日。自らをダンスの道に導いたドーレ・ホイヤーに捧げる3作品を上演する。
 1987年に初演された『人間の激情』は、現代ダンスの金字塔とも称されるホイヤーの同名作品(1962)を写真や映像などから再現した作品。さらに、ホイヤーも参照したスピノザの『感情論』を踏まえつつ創造されたのが、『アフェクテ』(1988)、『エフェクテ』(1991)だ。徹底した身体の強度を感じさせるソロ『人間の激情』と、カップルの間に流れる感情を扱うデュエット『アフェクテ』、そして、同じくデュエットでありながら、感情を排した「効果」を題材にした『エフェクテ』。異なる味わいを持つ3作品を、リンケは今回初めて、若い世代のダンサーに継承し、自作の再構築を試みる。ホイヤー、リンケの身体を通過したダンスの歴史が未来へと拓かれる、その貴重なプロセスを目撃せよ。



『人間の激情』
ドーレ・ホイヤーによる初演:1962年
スザンネ・リンケによる初演:1987年
振付:ドーレ・ホイヤー(虚栄心、欲望、不安、愛)、スザンネ・リンケ(哀しみ)
※12月の公演ではどの部分を上演するかは未定です。

『アフェクテ』
初演:1988年
振付:スザンネ・リンケ、ウルス・ディートリッヒ

『エフェクテ』
初演:1991年
振付:スザンネ・リンケ、ウルス・ディートリッヒ

フォトギャラリー

   

   

    過去上演 舞台写真

  • Dore_Hoyer1
  • Dore_Hoyer2
  • Dore_Hoyer3
  • Dore_Hoyer4

アーティスト

Susanne_Linke

スザンネ・リンケ

振付家、ダンサー

1944年生まれ。ドイツ表現主義舞踊創始者の一人、マリー・ヴィグマンに師事。その後エッセンのフォルクヴァング・スクールにて学び、ピナ・バウシュが芸術監督をつとめていたフォルクヴァング・ダンス・スタジオのダンサーとなる。80年代半ばから、国際的なソロダンサー、振付家としてのキャリアを積む。ブレーメン劇場やコレオグラフィック・センター・エッセンの芸術監督をつとめ、01年より、再び振付家、ダンサーとして独立。2015-16年シーズンよりトリアー市立劇場ダンス部門の芸術監督に就任。


ドーレ・ホイヤー(1911~1967)

ドイツ表現主義の舞踊家、振付家。表現主義舞踊の歴史の中で最も重要なソロダンサーの一人と称される。マリー・ヴィグマンと共に活躍し、自身でソロプログラムを発展させ、第二次世界大戦前後で広範囲でツアーを行った。ヴィグマンは同氏を「ヨーロッパで最後の優れたモダンダンサー」と称した。代表作である作品群『人間の激情』はスピノザの哲学書にある48種類の人間の激情のうち、5種類に注目し、「虚栄」「渇望」「恐怖」「嫌悪」そして「愛」で構成されている。高いテクニックの、抽象的な動きの構成は、ポストモダン・ダンスのスタイルを予見するようなものとなっており、多くのダンサーにより再現や再構成されている。

キャスト・スタッフ

〔初演〕
『人間の激情』ドーレ・ホイヤー 1962年
スザンネ・リンケ 1987年
『アフェクテ』スザンネ・リンケ 1988年
『エフェクテ』スザンネ・リンケ 1991年

トリアー市立劇場における全3作品の再構成2016年

振付ドーレ・ホイヤー、スザンネ・リンケ
『人間の激情』音楽ディミトリ・ヴィアトヴィッシュ
音響・構成ヴォルフガング・ブレイ=ボロコフスキ
舞台装置アルフレート・ペーター、スザンネ・リンケ、ウルス・ディートリッヒ
技術監督・照明カイ・コウォジェイ
映像・音響フィリクス・ビュルクレ
映像ヨハネス・コーネン
トレーニング・ディレクターミロスラフ・ジドビチ
ヴォーカル・コーチケテヴァン・ルハゼ
制作ヴァルトラウト・ケルヴァー

ドーレ・ホイヤーの作品の著作権はケルン市ドイツ・ダンス・アーカイブが保有をしています。権利を公開していただいた、フランク=マヌエル・ペーター教授に感謝します。

出演『 人間の激情』レナーテ・グラツィアデイ
『アフェクテ』ルイーザ・ブラーツ・バティスタ、バウル・ヘス
『エフェクテ』ルツィナ・ズヴォリンスカ、セルゲイ・ズーコフ

[音楽・映像出典]
『人間の激情』
音楽ディミトリ・ヴィアトヴィッシュ
映像『ドーレ・ホイヤーの踊り』ヘッセン放送(1967年2月15日)

『アフェクテ』
音楽鬼太鼓座「モノクロームⅡ」、J.S.バッハ:「ミサ曲 ロ短調」より「グロリア」(クム・サンクト・スピーリトゥ)

『エフェクテ』
音響ウルス・ディートリッヒの着想に基づく
音楽ヴォルフガング・ブレイ=ボロコフスキ、ピエール・アンリ『Messe de Liverpool』「communion」、ジョヴァンニ・バッティスタ・ペルゴレージ「スターバト・マーテル」

〈東京公演〉
テクニカル・コーディネート遠藤 豊(LUFTZUG)
舞台監督湯山千景
照明田代弘明(株式会社DOTWORKS)
音響堤田祐史(WHITELIGHT)
映像岸本智也(LUFTZUG)
衣裳管理阿久澤 梢
通訳河井麻祐子
制作松嶋瑠奈
インターン小川潮音、甲斐ひろな、松下怜未
フロント運営荒川真由子
記録写真松本和幸
記録映像株式会社彩高堂

協力東京ドイツ文化センター
後援ドイツ連邦共和国大使館
主催フェスティバル/トーキョー

ワークショップ

フェスティバル/トーキョー16の主催プログラムの一つとして上演される、ドーレ・ホイヤーに捧ぐ『人間の激情』『アフェクテ』『エフェクテ』の振付師であるスザンネ・リンケが日本公演にあたり、ダンス経験者向けにワークショップを開催することが決定しました。16年ぶりの来日となるリンケのダンスに直に触れられる貴重なワークショップとなります。本公演前の絶好のこの機会にぜひ、ふるってご応募ください。


詳細はこちら

  日程 12月4日(日)~12月6日(火)
  時間 13:15~16:45 (各3.5時間)
  会場 東京芸術劇場 リハーサルルームM3

ご応募の受付は、終了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

関連ニュース

2016.9.23  ワークショップ参加者募集開始

■F/T Focus vol.14 スザンネ・リンケ振付『人間の激情』『アフェクテ』『エフェクテ』-表現主義舞踊家ドーレ・ホイヤーとダンスの記憶/未来 スザンネ・リンケ メールインタビュー